未分類FFリアルテレビ時事ネタSOFFXI-サルベージFF-アトルガンミッション
FFXI日記 FLASHはリンクからどうぞ!
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.11.11 Sat
11月6日から11日まで4泊6日でオーストラリアのパースに行ってきました。

長くなるので折りたたみ

まず成田空港からシドニーに9時間半かけて飛行機で向かいます。
シドニーに着いたら、税関を通して国内便でパースに向かうわけですが、税関の審査が兎に角厳しく、止められる人が多いらしく、混んでいました。本来なら、シドニーからパースへ向かう飛行機に乗る前に、少し余裕があったのですが、急いで国内線の方に向かわないといけないので、シドニーの地には、約5分しかいられませんでした。

国内線に乗ったら、また5時間かけてパースに。
そして今回お世話になるHYATホテルに到着。
P1010782.jpg

ここはパースの繁華街からは少し離れたところにあって、駅周辺までは歩くと30分くらい掛かります。しかし、無料バスが頻繁に通るので、それに乗って行けば、10分位で到着します。

それでは、ここで、パースの経済事情と豆知識を少々。
パースはオーストラリアの西、西オーストラリア州の最西端にあります。時差は1時間、物価は日本より高めで、コーヒーは2.5$とかします。給料も高め。西オーストラリアの失業率は3.5%と少なく、経済成長中の為、人手不足で給料が高いというわけです。したがって、外国にありがちなチップを渡すという慣わしはありません。またここではイギリス英語を使っているため、アメリカ英語が通じない場合もあります。例えば、I can't speak English の「キャーント」の部分はこちらでは「カーント」といいます。また有難うの意味のthankyouもBeautifulと言ったりします。これは「商談が上手くまとまった。満足した」という意味で使うそうです。車の運転は、日本と同じで右ハンドル左側車線。店のほとんどが9:00~17:00までという徹底振りで、日本と違って労働時間は短いです。これは給料が高いので、残業してしまうと企業側が大変だからという点と、基本的に仕事をせかせかしているわけではなく、のんびりしている風潮からきているんだと思います。それでもGNPが世界第三位というのだから素晴らしいですね。

そんなわけで、いきなり話をぶった切ってパース旅行記の始まり始まり!




スポンサーサイト
テーマ:オーストラリア - ジャンル:旅行
リアル    Comment(2)  TrackBack(0)   Top↑
じぇの2
とりあえず、おかえりなさい!(・∀・)ノ
親知らずとかだいじょうぶだったのかな?
まぁそのへんは、おいおいに(´ー`)
2006.11.12 Sun 13:04 URL [ Edit ]
Tenmoku
親知らずは初日には良くなってました。
ほんとこれは助かった(´_ゝ`)
薬も色々大量に持っていったけど結局使わなかったなぁ
2006.11.12 Sun 13:50 URL [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://tenmokusan.blog53.fc2.com/tb.php/54-b2f18cf0
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。